カンジダ症対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

カンジダ症対策とサプリメント

カンジダ症対策

カンジダ症はカンジダアルビカンスといわれる菌類により引き起こされた感染症です。
抗生物質の使用、栄養不足、毒素に触れること、ストレスなどが口、腟、皮膚、胃、尿路でのガンジダ発生のトリガーになります。

カンジダ菌がこれらの部位を越えて増殖し、体全体に広がる場合は慢性疲労、胃腸障害、関節痛、うつ病、頭痛、砂糖への強い欲求を引き起こします。
カンジダ菌が増殖すると、腸に軽度の炎症を引き起こし、腸の内層にダメージを与えます。
腸管壁浸漏として知られているこの腸の浸透性は、未消化の食品のかけらやカンジダ菌が血流に入るのを許容してしまいます。
免疫システムはこれらの大きな「かけら」を異物の侵略者だと考えて、様々な見かけ上無関係に思える症状を引き起こす免疫抗体反応を開始します。

カンジダ症を軽減する食事のポイント

食べるものはカンジダ菌に餌を与えることもできれば、餓死させることもできます。
菌類は砂糖を栄養源とするので、精製糖、ソフトドリンク、デザートを控えることは賢明です。
ショ糖、ぶどう糖、ぶどう糖果糖液糖と記載された隠された糖分がないか、パッケージされた加工食品のラベルをチェックしてください。
多くの代替医療従事者は、短期的に果物を避けることと、アルコール、酢と醤油のような発酵食品も避けるように勧めます。
代わりにナッツ、種、加工されていないオイル、魚、鶏肉、卵などと、高食物繊維で低炭水化物の野菜を基にした食事を選んでください。

カンジダ症を軽減する生活習慣のポイント

カンジダ菌を抑えることができる体に良いバクテリアを殺してしまう抗生物質の過剰使用を控えてください。
抗生物質を摂る必要がある場合は、健康に良いバクテリアが再び腸に住み着くために、アシドフィルス菌を一緒に摂ることを推奨します。

カンジダ症に効果があるサプリメント

ニンニク

ニンニクはカンジダアルビカンス細胞組織にダメージを与える効果があり、長い間、カンジダ症の治療と予防に使用されてきました。
ニンニクに含まれる重要な成分の1つであるアリシンは強い抗菌性と抗真菌性があります。
「The Journal Tropical Doctor」に発表された56人の患者を対象にした無作為試験は、ニンニクが口のガンジダ症を抑圧することにおいて、医薬品であるクロトリマゾールと同じぐらい効果があることを示しました。
典型的な服用量:1日あたり600mgから900mgのニンニク抽出エキスを飲用します。

オレガノオイル

オレガノオイルはカンジダ菌に効果がある様々な抗真菌効果がある物質を含みます。
ジョージタウン大学の研究者はオレガノオイルが0.25 mg/mlほどの低濃度で、完全に菌類の成長を防いだことを確認しました。
ジョージタウン大学のチームはオレガノオイルが、ナイスタチンという、よくイースト感染症の治療で使用されるポピュラーな薬よりもイースト菌を抑えることも示しました。
典型的な服用量:500mg(カプセル)を1日2回。

プロバイオティクス

プロバイオティクス、特にアシドフィルス菌とビフィズス菌は腸と粘膜のバクテリアの正常なバランスを保ちます。
諸説ありますが、抗生物質を摂るときに同時にプロバイオティクスサプリメントを摂ることはカンジダ菌の増加を防ぎます。
典型的な服用量:1日あたり100億コロニー形成単位(CFU)。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.