前立腺肥大症(BPH)対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

前立腺肥大症(BPH)対策とサプリメント

前立腺肥大症(BPH)対策

一般に「肥大する前立腺」として知られている前立腺肥大症(BPH)は、60歳以上のすべての男性の半分以上に影響します。
前立腺肥大症(BPH)は、前立腺が大きくなるにしたがって、まるでホースの締金のように尿道を締めあげます。
これは、多くの心地悪い症状を引き起こします。

ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる男性ホルモンが、前立腺肥大を進行させるとされています。
そのため、ジヒドロテストステロンの供給を除去することは前立腺肥大をコントロールする助けになります。
そして、この事実は最も一般的な前立腺肥大症の治療薬であるフィナステリド(プロスカー)の基になっている理論的根拠です。
しかしフィナステリド(プロスカー)の使用とは違った、軽度から中程度の前立腺肥大症に悩んでいる人たちの前立腺肥大を防ぎ、症状を軽減する自然な治療法も存在しています。

前立腺肥大症(BPH)のための食事のポイント

カリフォルニア大学サンディエゴ校で行われた研究は、食事がジヒドロテストステロンと他の男性ホルモンの生産に強く影響することを示しました。
肉と乳製品を減らし、果物と野菜の摂取量を増やすことは前立腺におけるホルモンの刺激を減らすことが確認されています。
そして過体重は過剰なエストロゲンを生産することにより、前立腺肥大を促進します。

前立腺肥大症(BPH)のための生活習慣のポイント

多数の研究が定期的な運動がホルモンレベルを調整することにより、前立腺肥大症のリスクを下げることを明らかにしています。
前立腺肥大症と認められた56人の年配男性を対象にした研究は、12週間、太極拳を実践した人たちは症状の改善があり、テストステロンレベルも改善したことがわかりました。
さらに研究は適度なアルコール摂取(1日に2杯以下)を守ることが前立腺肥大症に対して有効であることを示しました。

前立腺肥大症(BPH)に効果があるサプリメント

ベータシトステロール

ベータシトステロールはテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を促進し、前立腺の肥大を刺激する前立腺組織中のコレステロールを減らすことにより、前立腺肥大症の症状を軽減します。
前立腺肥大症である200人の患者を対象にした無作為抽出した二重盲検試験は、ベータシトステロールサプリメントを摂っている人たちが最大尿量を増やしたことを示しました。
合わせて、排尿にかかる時間を短縮し、尿の停留も改善しました。
典型的な服用量:1日あたり60mgから130mg。

ピジウム

ピジウムは抗炎症効果があり、ジヒドロテストステロンの形成を妨げる植物ステロールを含んでいます。
さらにピジウムは、前立腺でテストステロンの活動をコントロールするフェルラ酸エステルも含んでいます。
ピジウムは、使用者の66%が尿流量と軽度から中程度の前立腺肥大症の他の症状を改善しました。
典型的な服用量:50mgから100mgのピジウムを1日2回。

ライグラスポーレン

ライグラスポーレンは尿道を取り囲む筋肉をリラックスさせ、前立腺細胞の成長を妨げる抗炎症効果があるサプリメントです。
ライグラスポーレンは尿流量を改善し、排尿の頻度を減らし、そして膀胱に残っている尿の量を減らします。
典型的な服用量:92%のライグラスポーレンを含む製品を使用して、1日あたり80mgから120mgを摂ります。

ソーパルメット(ノコギリヤシエキス)

ソーパルメットは、最も前立腺にやさしいハーブの1つです。
ソーパルメットはテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を抑制し、ホルモンが前立腺組織に結合するのを防ぎます。
ソーパルメットが前立腺肥大症を促進する炎症と細胞増殖因子を減らす、いくつかの証拠があります。
110人の男性を対象にした研究で、ソーパルメットが夜間の排尿を45%減らし、尿流量を50%以上増やし、排尿後の膀胱に残った尿の量を42%減らしたことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり320mg。

ネトル

ネトルは、ほとんどの人が裏庭に生えている見慣れた雑草だと思うようなハーブです。
しかし、ネトルはテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を調整し、前立腺肥大症(BPH)を治癒することに効果があります。
2005年に行われた6ヶ月間におよぶ、588人の男性を対象にした無作為抽出したプラシーボ二重盲目比較試験で、プラシーボグループの16%と比較してネトルを摂っている被験者の81%が、最大尿流量において大幅な改善がありました。
543人の患者を対象にした48週間の試験は、前立腺肥大症治療薬であるフィナステリド(プロスカー)と同じぐらい効果があることがわかりました。
さらにフィナステリド(プロスカー)のように副作用により、性的な問題と頭痛が起こるケースがないことも示しました。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.