静脈瘤対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

静脈瘤対策とサプリメント

静脈瘤対策

静脈瘤である場合は、おそらくあなたは長いパンツか床に近いスカートの下に脚を隠した状態で長い時間を過ごしているかもしれません。
残念なことに、女性の25%と男性の18%が人生のどこかで、少なくとも一度は、静脈瘤になります。
一般に、静脈瘤はふくらはぎと太腿に生じる青くて、ときどき痛む炎症を起こした静脈を特徴とします。
年齢と遺伝がこれらの循環障害の進行において大きな役割を果たしますが、静脈瘤が引き起こす不快感を軽減するのを助けるためにできる処置があります。

静脈瘤対策の食事ポイント

多彩な果物と野菜、食物繊維が多い全粒穀物を含めたバランスが良い食事を食べることは循環器の健康ををサポートします。
研究は、オリーブのような食物から得られる一価不飽和脂肪、アボカド、魚、亜麻仁、ナッツから得られるオメガ3脂肪酸が血行を強化することを示します。

静脈瘤対策の生活習慣ポイント

静脈瘤と戦う戦略は2つあります。
血行を改善すること、静脈壁を強くすることです。
定期的なウォーキングと穏やかなストレッチ運動は、静脈のまわりの筋肉を強化し、血行を高めます。
これは痛みと不快感を軽減するのを助ける場合があります。
しかし、注意深く運動を選択してください。
高い衝撃の運動は、脚の静脈に対して、逆に大きなストレスになることがあります。

静脈瘤に効果があるサプリメント

ブッチャーズブルーム

「The Journal International Angiology」に発表された25の臨床試験の1つのレビューによれば、ブッチャーズブルームは脚の痛み、腫れ、脚の重い感覚を含めて、静脈瘤の不快感を軽減します。
さらに良い結果のために、ビタミンCを組み合わせて摂るようにしてください。
典型的な服用量:1日あたり150mgを3回摂ります。

ジオスミン

ジオスミンは、静脈瘤の目に見える症状を軽減し、腫れを軽減することが示された抗酸化物質が豊富なバイオフラボノイドです。
ジオスミンのユニークな点は、痛みと炎症を軽減している間に、柔軟性と血行の両方を改善し、特に脚の血管に目標を定めるその効果です。
そして、ジオスミンは抗酸化物質であるため、静脈の健康に悪影響を及ぼすフリーラジカルによるダメージを防ぎます。
典型的な服用量:1日あた500mgから1000mg。

ホースチェスナッツ

ホースチェスナッツが、血管壁からの漏れを軽減します。
ホースチェスナッツに含まれる活性成分であるエスシンといわれるトリテルペンサポニンは、静脈の構造を弱体化させて、「漏れ」を起こす酵素を抑制します。
ホースチェスナッツは非常に効果があり、研究は、ホースチェスナッツが毛細血管漏出を22%軽減したことを発見しました。
同じくホースチェスナッツは、静脈を強くし、静脈壁の柔軟性を増やすことにより、血流を改善します。
典型的な服用量:50mgのエスシンを含むように標準化したホースチェスナッツ抽出エキスを300mg、1日2回。

サプリメントの標準化とは?

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認してください。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.