耳鳴り対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

耳鳴り対策とサプリメント

耳鳴り対策

耳の中で、絶え間なくリンリン、シューシュー、カチカチと音がするのを想像してください。
これらの不快な音響効果は数ヶ月、数年さえ、続く場合があります。
耳鳴りの多くのケースは、うるさい騒音への長期の露出による鼓膜のダメージにより起こります。
日常的にヘッドホンの音量を上げることでも、耳鳴りになることがあります。
ステロイド、抗うつ薬、抗ヒスタミン薬、いくつかの抗生物質、鎮痛剤のような医薬品も耳鳴りの原因になる場合があります。
幸いなことに、ほとんどの人にとって、耳鳴りは深刻な状態ではありません。

耳鳴り対策の食事ポイント

食べるものは、耳鳴りに影響を与えます。
障害を患っている人々は、カフェインを排除し、塩分摂取量を減らすことが助けになると報告しています。
過剰な塩分が内耳を含めた体液貯留の原因になり、あまりに多くのカフェインは、耳への血流を減らします。
十分なマグネシウムを摂取することも重要です。
いくつかの研究は、マグネシウム不足は、聴覚損失になりやすいことを示します。
マグネシウムが豊富な食品は、ナッツ類や緑の葉野菜などです。

耳鳴り対策の生活習慣ポイント

注意して騒音を避けることは、耳鳴りの予防に最も重要なことです。
そして、音を「マスクする」ことも可能です。
マスキングは、耳鳴りにより作り出された音をふさぐ低レベルのホワイトノイズマシンを使用します。
この「ホワイトノイズ」音が効果的に、集中、リラックス、眠ることを容易にし、落ち着かせます。

耳鳴りに効果があるサプリメント

ギンコビローバ

ギンコビローバは、 機械的音波が可聴神経インパルスに変わることを防ぐ第8脳神経に余分の血流をもたらすことによって、耳鳴りを軽減します。
24%のフラボン配糖体と6%のテルペンラクトンを含んでいる標準化したサプリメントを求めてください。
典型的な服用量:1日あたり240mg。

ビンポセチン

ビンポセチンは、特にノイズを静かにするハーブサプリメントです。
研究では、1週間摂ったビンポセチンサプリメントが被験者の半分の症状を軽減しました。
もっと長い間、耳鳴りである人たちでさえ、ビンポセチンが耳鳴りの症状を軽減し、そして3分の2以上の人の聴覚を改善しました。
典型的な服用量:1日あたり10mgを3回、吸収を最も良くするために食後に摂ります。

ビタミンB12

ビタミンB12不足が聴覚伝導路にネガティブな影響を与える場合があります。
113人の軍人を対象にした研究で、耳鳴りである人たちの47%がビタミンB12が不足していました。
ビタミンB群は、協調して働きます。そのためビタミンB群は一緒に摂るようにしてください。
典型的な服用量:少なくとも50mgの主要なビタミンB群のそれぞれを供給する毎日のビタミンBコンプレックス。

亜鉛

亜鉛は強力な抗酸化物質スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の必須成分です。
そして亜鉛は免疫システムの適切な機能のために重要です。
研究が耳鳴りである人の最高69%がこの重要なミネラルが不足していることを示します。
1つの試験で、3から6カ月間毎日100mgの亜鉛を摂った後で、参加者の25%の症状が改善しました。
典型的な服用量:1日あたり15mg。
長期にわたって亜鉛を摂る場合は、銅が不足することがあります。そのため、1日に2mgの銅も摂ってください。

サプリメントの標準化とは?

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認して下さい。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.