日焼け対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

日焼け対策とサプリメント

日焼け対策

私たちはみな、暖かい太陽の光を浴びることを望んでいます。
しかし、紫外線の浴びすぎは、しわを作ります。
そして、焼けるような日焼けは皮膚がんの原因になります。
実際、「The National Cancer Institute」は65歳以上の人の皮膚がんの40%から50%は紫外線の浴びすぎが原因であると推定します。
しかし日焼けすることを極度に恐れることはありません。
野外に出かける前に少し注意することで日焼けを防ぐことが可能です。

日焼けを防ぐ食事のポイント

紫外線を浴びることにより形成されるフリーラジカルを無害化する食事は、太陽からのダメージを効果的に弱めるのを助けます。
ほとんどの果物と野菜がいくつかの抗酸化物質を提供するのに対し、ザクロは本当のスーパースターです。
ウィスコンシン大学の研究者による研究によれば、ザクロジュースを飲むことやザクロ抽出エキスを摂ることは、高レベルのポリフェノールとアントシアニンのおかげでUVB光線から効果的に保護します。
ブラジルナッツ、マグロ、他のセレンを含んでいる食物は、太陽により引き起こされた皮膚ダメージから保護します。
セレンは、非メラノーマ性の皮膚がんのリスクを軽減する強力な抗酸化物質です。
食事中の総脂肪量を引き下げることは、フリーラジカルを無害化し、前がん症状の皮膚を防ぐもう一つの方法です。
ヒューストンのベイラー医科大学による研究によれば、36%から40%を脂肪で占めている食事をしている人は、20%以下の脂肪を摂っている人と比較して、5倍ほど前がん性の皮膚疾患になる可能性が高いことがわかりました。

日焼け対策の生活習慣ポイント

多くの一般的な日焼け止めは紫外線から保護する化学物質に頼っています。
これらの化学物質の多くは、弱いエストロゲンのように作用し、ホルモンバランスを狂わせます。
そして、化学物質を使用した日焼け止めは、太陽光線を浴びたときに、フリーラジカルを発生します。
安全な選択肢は、二酸化チタン、酸化亜鉛のような紫外線をブロックできるミネラルを含んでいる日焼け止めを選ぶことです。
そして、日焼け止めを薄く塗っている人が多いのですが、本来、日焼け止めは厚く塗るものです。
外出したとき、2時間ごとに塗り直すことは重要です。
そして、耳、唇、爪先にも塗ることを忘れないでください。
日焼けで困っている場合は、日焼けした部位にアロエジェルを塗ることにより、痛みを軽減することができます。

日焼けに効果があるサプリメント

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、フリーラジカルを無害化し、有害な紫外線から保護するのを助けるカロチノイドです。
臨床試験は、2週間アスタキサンチンサプリメントを摂ることは、太陽への皮膚の過敏性を軽減しました。
典型的な服用量:1日あたり4mg。

カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは、紫外線による皮膚ダメージを避けるのを助けます。
「The Journal of Nutrition」における研究は、毎日少しのダークチョコレートを食べることは、皮膚がんを含めたいくつかの紫外線によるダメージから保護したことを示しました。
余計なカロリーを避けるために、チョコレートではなくカカオポリフェノールを含むサプリメントを使用してください。
典型的な服用量:1日あたり1400mg。

緑茶抽出エキス

緑茶はフリーラジカルを無害化するポリフェノールが含まれています。
アラバマ州バーミンガムにある「Birmingham Veterans Affairs Medical Center」の研究者によれば、緑茶は有害な紫外線を浴びた皮膚細胞のDNAを修復します。
典型的な服用量:97%のポリフェノールを含んでいる標準化した緑茶抽出エキスサプリメントを1日あたり500mgを摂ります。
これは緑茶4杯を飲むことと同量です。
これらの標準化した製品の多くはカフェインを除去してあります。

リコピン

リコピンは、トマトから得られる抗酸化物質が豊富なカロチノイドで、日焼けに対する肌の敏感さを軽減します。
リコペンは非常に効果があり、臨床試験はリコピンが豊富な食物を食べているボランティアは、33%日焼けしにくいことを示しました。
また、リコピンを摂ったボランティアは、皮膚を若々しく保つために重要な高レベルのプロコラーゲンを持っていました。
典型的な服用量:10mgから30mgを1日2回、食後に摂ります。

サプリメントの標準化と

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認して下さい。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.