骨粗しょう症対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

骨粗しょう症対策とサプリメント

骨粗しょう症対策

骨粗しょう症は、骨の喪失を特徴とする病状であり、歳を取るにつれて、女性の主要な健康障害となります。
実際、50歳以上の女性の3人に1人は、骨粗しょう症に関連する骨折に悩んでいます。

骨は、ただのカルシウムの大きなかたまりではありません。
骨は生きており、柔らかい芯とリン酸カルシウムの堅い骨組みでできた成長している組織です。
骨は生きているため、定期的に古い骨組みを分解し、新しい材料で置き換えます。
30歳になるまでは、骨が分解されるよりも早く骨を作ります。
しかし、その後は、プロセスがゆっくりと逆転し、骨の損失が大きくなります。
骨の損失が著しい場合、骨密度が低下し、骨は穴だらけになり、もろくなります。
このプロセスがさらに進むと、骨はさらに弱くなり、標準的な毎日の生活条件においても、骨折する場合があります。
幸いなことに、この運命ともいえる健康状態を防ぐのを助けることができます。

骨粗しょう症対策の食事ポイント

コーヒーやソフトドリンクを飲み過ぎることは、強い骨のために必要な体のカルシウムを奪います。
代わりに、もっとミルク、ケフィア、栄養が強化されたオレンジジュースのようなカルシウムが豊富な飲物に変更してください。
そしてイワシ、サーモン、カブ、濃い緑の葉物野菜のような食物を選んでください。
豆腐や豆乳のような大豆食品は、骨吸収を抑えること、骨形成を刺激することにより、骨の健康を引き上げ、骨折するリスクを最高35%軽減します。
また、ザクロも似た効果があります。
動物を対象にした骨粗しょう症の研究は、サクロが骨密度を増やして、気分を高める助けになりました。

骨粗しょう症対策の生活習慣ポイント

筋肉と同じように、健康でいるためには、骨も運動が必要です。
体重に負荷をかける運動(ウォーキング、ジョギング、ダンスなど)は、骨にストレスをかけることにより、骨粗しょう症を防ぐか、進行を遅らせます。
ウエイトトレーニングやエクササイズバンドを使用した筋力トレーニングは、骨に筋肉のひく力が加わるので、効果的です。

骨粗しょう症に効果があるサプリメント

カルシウム

カルシウムは骨の健康における主要な構成要素です。
驚くことではありませんが、体内のカルシウムの99%は骨に蓄えられています。
「The Journal Nutrients」に発表された調査結果は、カルシウムとビタミンDの摂取量を増やした人たちは、非常に骨塩量を増やし、骨折するリスクを軽減しました。
典型的な服用量:600mgを1日2回。

マグネシウム

マグネシウムは、骨のカルシウムの適切な吸収のために重要です。
この重要なミネラルの不足は、体のビタミンDの生産量を減らし、骨細胞の活動を減らします。
典型的な服用量:400mgから800mgのマグネシウムサプリメントを分割して毎日摂ります。

ビタミンD

ビタミンDは、カルシウムを骨の中へ送るのを助けることにより、健康な骨において重要な役割を果たします。
典型的な服用量:「The National Osteoporosis Foundation」は1日あたり800IUを推奨します。
しかし、もっと効果的であるためには、1500IUから2000IU摂ることを推奨する研究者が多くなっています。

ビタミンK

ビタミンKは、骨形成に関係しているタンパク質を強化する脂溶性ビタミンです。
研究は、より多くのビタミンKの摂取が骨折を減らすことに関連していることを示します。
典型的な服用量:骨が健康である場合は、予防のために1日あたり100mcgを摂ります。
骨減少症や骨粗しょう症と診断された場合は、1日あたり1000mcgに増やしてください。
あなたに適切などちらの服用量でも、吸収を高めるために少量の脂肪を含む食事と一緒にサプリメントを取るようにしてください。
オランダでの研究は、骨の健康をサポートするためにビタミンK2はビタミンK1のおよそ3倍効果があることを示します。
そして、血液凝固薬を摂っている場合は、ビタミンKを摂るべきではないことを覚えておいてください。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.