筋肉のけいれん対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

筋肉のけいれん対策とサプリメント

筋肉のけいれん対策

過度の努力により引き起こされた筋肉の硬直であれ、筋肉のけいれんであれ、筋肉のけいれんは私たち皆に起こりえます。
特に歳を取るにつれて。
筋肉のけいれんは、無意識におこるリラックスしていない筋肉の収縮です。
結果として、けいれんは非常な痛みをともない、数秒から15分、もしくはそれ以上持続します。

筋肉のけいれん対策の食事ポイント

脱水状態は筋肉のけいれんを起こすので、水分が不足しないようにすることは重要です。
少なくとも1.8リットルの水を毎日飲むことを目標にしてください。
暑い日であるか、よく運動する場合は、糖分が少ない電解質を補給する飲物を分割して飲むようにしてください。
低カリウム状態は筋肉けいれんの原因になります。
カリウムの優れた供給源は、バナナ、オレンジジュース、レーズン、サツマイモなどです。

筋肉のけいれん対策の生活習慣ポイント

筋肉けいれんは、よく過努力や反復運動の結果、おこります。
新しい運動を行うときや、慣れない動作をするときには、ストレッチなどで事前にしっかりと筋肉を伸ばします。
これらのダメージから守る方法の1つは、どのような運動の前にも体を温めることです。
運動前に、10分間のウォーキングをしてください。
運動を終えたら、後から筋肉がけいれんをおこさないように、優しくストレッチすることも大切です。

筋肉のけいれんに効果があるサプリメント

アルニカ

アルニカは、筋肉痛と筋肉のけいれんのためのポピュラーなホメオパシー治療薬です。
ノルウェーの86人のマラソン選手を対象にした研究は、レース前にアルニカを含んでいるホメオパシー治療薬を使用した人たちは、レース終了後にプラシーボを摂っている人たちよりも筋肉痛が軽かったことを示しました。
典型的な服用量:30xに希釈したアルニカを含んでいるホメオパシー治療薬をもとめてください。
症状がある部分にアルニカクリームやジェルを塗りこんで、マッサージしてください。
ただし、肌に傷があるときは、使用しないでください。

クレアチン

クレアチンは、筋肉に必要なエネルギーを与える体内で作られたアミノ酸です。
臨床試験は、クレアチンは、頻繁な筋肉のけいれんに悩まされている患者のけいれんのおよそ60%を軽減しました。
他の臨床試験は、クレアチンサプリメントが、プロのフットボール選手の筋肉のけいれんの頻度を大幅に軽減したことを示しました。
典型的な服用量:急性の筋肉けいれんのために、1日あたり5gを4回摂ります。
頻繁に起こる筋肉けいれんのために、1日あたり2gを摂ります。

マグネシウム

マグネシウムは、酸素の吸収、エネルギー生産、電解質のバランスを整えることなどの筋肉の機能に影響を及ぼす多くのプロセスに関係しています。
体内に十分なマグネシウムを保持していることは、筋肉が適切に働くための神経末端を助けます。
典型的な服用量:1日あたり400mg。

亜鉛

亜鉛は、夜間の筋肉けいれんに悩まされる人に少ない傾向があります。
研究は、亜鉛サプリメントが12人のうち10人の患者のけいれんを軽減し、そしてこれらの患者の7人は完全に改善したことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり15mg。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.