腎臓結石対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

腎臓結石対策とサプリメント

腎臓結石対策

腎臓結石に関する専門家は、アメリカ人の5%が人生のある時点で腎臓結石になると推定しています。
アメリカに限らず、日本もこの数字に近いかもしれません。
腎臓結石を起こす家系の病歴があることと、加齢は腎臓結石になる可能性を高めます。
腎臓結石はカルシウムとシュウ酸が化学反応により結晶化し、体内で物質を形成することで起こります。
通常、これらの結石はどのような症状も引き起こしません。
しかし、腎臓結石が尿路へ移動し、尿流をブロックするようになると極度の痛みを感じるようになります。
最初の結石形成が腎臓結石になるのを防ぐためにできることもあります。

腎臓結石を防ぐ食事のポイント

すでに腎臓結石の診断を受けている場合は、医師はおそらく、シュウ酸を含んでいるほうれん草、豆、全粒粉麦を避けるように指示していることでしょう。
シュウ酸はカルシウムと結合する化学物質で、ほとんどの腎臓結石で発見されます。
肉も問題になります。
腎臓結石を経験した男性を対象にした研究で、動物性タンパク質をあまり食べない人たちは、たくさんの動物性タンパク質を食べた人たちと比較して、5年以内の再発率は半分であったことがわかりました。
摂取する塩分量も減らすべきです。
研究はナトリウムが多い食事と腎臓結石リスク増加を関連付けています。

腎臓結石を防ぐ生活習慣のポイント

脱水状態は腎臓結石の進行において、大きなリスクとなります。
脱水症状になるのを避けるために、専門家は24時間で2リットルの尿を生産するだけの十分な水分を摂ることを推奨します。
ほとんどの人にとって、その量はおよそ1日あたり2リットルの水分を摂ることと同等です。
暑い地域や乾燥した地域に住んでいる場合は、さらに多く必要です。
ただの水よりも、レモネードがもっと効果的かもしれません。
デューク大学の研究者たちは、12人の腎臓結石である患者に4年間、1日あたり1.5リットルから2リットルの尿を生産するだけの「レモネード療法」を行っています。
しかし、多くの水分がリスクを下げるのに対し、コーラやコーヒーのようなカフェインを含んでいる飲物は逆効果です。

腎臓結石に効果があるサプリメント

カルシウム

いくつかの研究によると、カルシウムサプリメントはシュウ酸が結晶化し、腎臓結石になるのを防ぎます。
しかし、他の研究ではカルシウムサプリメントはリスクを増やす可能性があると推定します。
カルシウムが助けになるか、害になるかは、摂るカルシウムのタイプによります。
パーデュー大学の研究結果によれば、炭酸カルシウムは、すでに腎臓結石である人の結石を促進します。
クエン酸カルシウムは、特にマグネシウムと組み合わされた場合は、リスクを増やしません。
腎臓結石のリスクがある場合や、骨の健康のためにカルシウムを摂る場合は、クエン酸カルシウムサプリメントを摂るようにしてください。
典型的な服用量:1日あたり1000mgから1200mg。

フィッシュオイル

フィッシュオイルは、腎臓結石の形成を妨げる2つのオメガ3脂肪酸(DHAとEPA)を含んでいます。
「The Journal of Urology」に発表された研究は、30日間フィッシュオイルサプリメントを摂ることはシュウ酸カルシウムのレベルを23%軽減し、そして結晶化するリスクを下げたことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり1000mgから3000mg。

マグネシウム

マグネシウムは腎臓結石の人に不足している場合が多いミネラルです。
少数の臨床試験では、マグネシウムサプリメントを摂ることはカルシウムの結晶化を防ぐことと、カルシウムを骨の中へ送ることにより、腎臓結石を防ぐことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり400mg。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.