過敏性腸症候(IBS)対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

過敏性腸症候(IBS)対策とサプリメント

過敏性腸症候(IBS)対策

すべてのアメリカ人の20%が過敏性腸症候群(IBS)で悩んでいると推定されます。
過敏性腸症候群(IBS)の症状は、便秘、下痢、腹部のけいれん、急な下痢、ガス溜まり、膨満感などです。
通常、腸の運動(腸の筋肉の収縮と腸の動き)は、腸内の神経とホルモンと電気活動により、しっかり管理されています。
しかし、特定の食物を食べること、ストレス、不安などが腸の過敏反応を引き起こします。
結果として生じるけいれんが、症状を悪化させます。

過敏性腸症候(IBS)対策の食事ポイント

過敏性腸症候群の場合、食物は敵になることがあります。
症状は、乳製品、小麦、チョコレート、アルコール、食事に含まれる脂肪、トウモロコシとブロッコリーようなガスがでやすい野菜などの食物により生じる場合があります。
良いニュースは、食物は症状を軽減することもできることです。
食物繊維、特に水溶性食物繊維は消化と腸の運動を調整します。
少なくとも1日あたり、25gの食物繊維を果物、野菜、豆、全粒穀物などから得るように努力してください。
過敏性腸症候群を悪化させる飽和脂肪とトランス脂肪を、ナッツ、種、アボガド、ココナッツオイル、オリーブオイルに含まれる健康的な脂肪と取り替えることは重要です。

過敏性腸症候(IBS)対策の生活習慣ポイント

ストレスは、明確に過敏性腸症候群の原因になるか過敏性腸症候群の症状を悪化させます。
放っておくと、ストレスは腸の過敏性を増やし、正常な腸の機能を妨げます。
胸で呼吸する代わりに、ゆっくりと腹式呼吸をすることは、心と身体をリラックスする助けになります。
他のストレスを軽減する活動は、瞑想、ヨガ、マッサージ、運動などです。
他の運動の利点、特に有酸素運動は便秘と他の腸の不快な症状を軽減する助けになります。
催眠療法は、過敏性腸症候群を軽減するもう一つの効果的な方法です。
臨床試験は、催眠療法が不安とうつ病と同じように、腸の過敏症と運動性を軽減することを示しました。
過敏性腸症候群の治療を経験したことがある催眠療法士と、取り組むのがベストです。

過敏性腸症候(IBS)に効果があるサプリメント

グルタミン

グルタミンは、過敏性腸症候群に悩まされる人たちに不足している場合が多いアミノ酸です。
初期的な研究は、グルタミンサプリメントを摂ることは、炎症を軽減し、過敏性腸症候群や腸管壁浸漏症候群である人の腸の内層を修復することを示しました。
そして、グルタミンは特に過敏性腸症候群と下痢に悩まされる人たちに効果があるかもしれないことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり500mgを3回摂ります。

ペパーミント

ペパーミントオイルは、腹部のけいれんと痛みを含めた過敏性腸症候群の症状を軽減する助けになります。
これは、ペパーミントの腸の筋肉をリラックスし、落ち着かせる効果です。
臨床試験では、ペパーミントオイルは過敏性腸症候群患者の腹痛を58%軽減したことを示しました。
腸にペパーミントが届くことを確実にするために、腸溶カプセル剤を選んでください。
典型的な服用量:毎日食間に、3カプセルから6カプセルを分割して摂ってください。

プロバイオティクス

ロチェスターとミネソタにある「The Mayo Clinic College of Medicine」による無作為抽出した臨床試験によれば、プロバイオティクスは腸の機能と過敏性腸症候群の症状を改善します。
試験の間、過敏性腸症候群である48人の患者は、プロバイオティクスかプラシーボを1日2回、与えられました。
プロバイオティクスを摂っている人たちは、プラシーボを摂っている患者と比較して、ガスだまり、膨満感、腹痛、下痢に関して、かなりの軽減を示しました。
典型的な服用量:様々な種類の菌株を含んだプロバイオティクスを1日あたり10億から50億コロニー形成単位(CFU)。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.