インフルエンザ対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

インフルエンザ対策とサプリメント

インフルエンザ対策

「The National Institutes of Health」によれば、毎年、アメリカ人の5分の1がインフルエンザにかかります。
日本と比較すると多いように思えますが、冬のシーズンでは日本でも一定の感染者を出します。
ほとんどのケースが自然に治りますが、インフルエンザは数日間から10日間ほど惨めな生活をおくることになります。
典型的な症状は、熱、頭痛、咽頭炎、疲労、体の痛みです。
インフルエンザは、ウィルスにより引き起こされるので、抗生物質は効果がありません。
しかし、インフルエンザを未然に防ぎ、症状を軽減する多くの自然な治療法があります。

インフルエンザ対策の食事ポイント

強い免疫システムを作ることが、インフルエンザにかかるのを防ぎます。
このことは、抗酸化物質が豊富な果物と野菜に満ちている食事を食べることを意味しています。
たくさんの水分、特に水を飲むことも重要です。
水分は、粘膜に水分を増やし、感染しにくくします。
インフルエンザにかかった場合は、飲料水、お茶、スープは、体に水分で満たされている状態を保ち、インフルエンザの持続時間を短くする助けになります。

インフルエンザ対策の生活習慣ポイント

インフルエンザにかからないための最も簡単な方法は、単に手を洗うことです。
運動すること、十分に眠ること、ストレスを軽減することはインフルエンザに対する体の抵抗を強化します。
インフルエンザの予防接種を受けた83人の健康な若い人たちを対象にした研究は、ストレスが多い人と睡眠が不十分な人がインフルエンザになるリスクが高いことを示しました。
「The Archives of Internal Medicine」における2009年の研究は、睡眠時間が7時間よりも少ない人は、インフルエンザになる可能性が300%に近いことがわかりました。

インフルエンザに効果があるサプリメント

エルダーベリー抽出エキス

エルダーベリー抽出エキスは、インフルエンザを予防する効果があります。
イスラエルのエルサレムにあるハダサー大学病院における10種類のインフルエンザウイルスに対するエルダーベリー抽出エキスの効果についての二重盲目試験は、エルダーベリーがサイトカイン生産を増進することにより、インフルエンザ感染者を減らしたことを示しました。
サイトカインは、ウイルスと接触するとき、免疫反応を引き出す免疫抗体ではないタンパク質です。
エルダーベリーは、医療で使用するインフルエンザワクチンとは違って、免疫システムのT細胞の生産を促進し、ウイルスの成長をブロックし、多くのインフルエンザウイルスに対して効果を示します。
インフルエンザにかかった場合は、エルダーベリーが効果的です。
さらに研究は、エルダーベリーが発汗と気管支の分泌作用を誘発することにより、体から出るウイルスを洗い流すのを助けることも示します。
オスロ大学と「Norway National Health Institute」において行われた60人のインフルエンザ患者を対象にした無作為抽出したプラシーボ二重盲目試験では、エルダーベリー抽出エキスを摂っている人々はプラシーボを摂っている人に比べて、4日早く症状が軽くなったことを示しました。
典型的な服用量:予防のためにティースプーン2杯分の標準化したエルダーベリーシロップを1日1回。
インフルエンザにかかった場合は、摂取量をティースプーン2杯分を1日4回に増やしてください。

オリーブの葉抽出エキス

オリーブの葉抽出エキスは、免疫を強化するフラボノイドと様々な活性成分を含んでいます。
しかし、最も多く存在しているのは、オレウロペインといわれる効果がある抗ウイルス性成分です。
「The Journal Alternative Medicine Review」における研究は、オリーブの葉抽出エキスは、ウイルスを不活性化することにより、インフルエンザの予防とよくあるインフルエンザの症状を軽減します。
典型的な服用量:17%から20%のオウレロペインを含んでいる標準化したサプリメントで1日あたり500mgを摂ります。

ビタミンD

ビタミンDの免疫を強化する効果は、様々ながんにおいて、広く研究されています。
しかし最近、ビタミンDがインフルエンザに対しても予防効果があることを研究者が示しました。
実際、1日あたり1200IUのビタミンDを摂った子どもたちは、インフルエンザにかかるリスクを58%下げました。
そして、骨を強化するために2000IUのビタミンDを摂っている女性は、標準的な推奨量である200IUを摂っている女性よりも、風邪とインフルエンザの発症率が平均30%低いこともわかりました。
典型的な服用量:1日あたり2000IU。

サプリメントの標準化とは?

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認して下さい。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.