高血圧対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

高血圧対策とサプリメント

高血圧対策

高血圧は、すべての心血管系疾患、心臓発作、脳卒中の主な原因です。
高血圧は静かで症状がない疾患なので、40歳以上の場合は、少なくとも年1回、血圧をチェックすることは重要です。
高血圧の人は、収縮期血圧(上の数)は140以上で拡張期血圧(下の数)は90以上です。
正常な血圧は、収縮期血圧が120以下、拡張期血圧が80以下です。
健康的な血圧レベルを維持するためにできるたくさんのことがあります。

高血圧対策の食事ポイント

高血圧の人たちへの典型的なアドバイスは、摂取する塩分量を減らすことです。
体内の適切なナトリウムバランスは、血中のマグネシウムとカリウムの量に依存します。
これら2つのミネラルが豊富な食事を食べることは、血圧を改善し、動脈の病気と脳卒中になる可能性を軽減します。
マグネシウムとカリウムの優れた供給源は、アプリコット、バナナ、カンタループメロン、ブロッコリー、ケール、ヤムイモなどです。
健康的な血圧をサポートする他の食物もあります。
例えば、玄米に含まれる成分はアンジオテンシンIIという血圧を上げる酵素をブロックすることで、高血圧から保護します。
ホエイプロテインパウダーは、高血圧である人たちの血圧を下げることが知られています。
研究はダークチョコレート、緑茶、レッドグレープのようなポリフェノールが豊富な食物が血圧を安定させることを示します。
ビートジュースは、血管をリラックスさせ拡げる一酸化窒素の前駆物質を含んでいます。
よく研究されてきた高血圧を予防する食事法は、健康的で食物繊維を基礎にしており、医薬品を使用しないで血圧を下げることについて素晴らしい結果をもたらします。
最近の二重盲検プラシーボ対照試験は、食物が非常に血圧を下げることを示しました。
テーブルスプーン2杯の亜麻仁を摂った患者は、6ヶ月後に収縮期血圧を10ポイントから15ポイント下げ、拡張期血圧を7ポイント下げました。
これらの血圧の減少は、脳卒中の発生率をおよそ50%下げ、心臓発作の発生率を30%下げると考えられます。

高血圧対策の生活習慣ポイント

健康的な習慣は、血圧を抑える助けになります。
週のほとんどの日で、少なくとも30分の運動をすることは、血圧を4mmHgから9mmHgほど下げることを可能にします。
タバコを吸っている場合は、やめる方法を見つけることは重要です。
タバコに含まれるニコチンは、タバコを吸った後最高一時間、血圧を10mmHg上げます。
そのため、1日中タバコを吸っていることは、いつも血圧が高い状態でいることを意味します。
また、ストレスも血圧を上げます。
リラックステクニックを使って、ストレスをうまく管理することを学んでください。
深呼吸、マッサージ、ヨガや瞑想に取り組むのも助けになります。

高血圧に効果があるサプリメント

熟成ニンニク抽出エキス(AGE)

熟成ニンニク抽出エキスは、最近血圧を下げる成分が含まれていることがわかりました。
「The Journal Maturitas」に発表された最近の研究は、12週間、毎日熟成ニンニク抽出エキスを摂った患者が、平均して収縮期血圧を10.2mmHg下げたことがわかりました。
研究者は熟成ニンニク抽出エキスが、治療が難しい高血圧に対して最初に処方される医薬品と似たような効果があると結論を出しました。
典型的な服用量:S-アリルシステインを含むように標準化した熟成ニンニク抽出エキスサプリメントを1日あたり960mg。

ハイビスカス

ハイビスカスは、高血圧治療薬と同じような方法で高血圧を下げます。
血管を開くことにより、血液粘度を減らし、尿量を増やします。
「The Journal of Nutrition」に発表された臨床試験では、軽度な高血圧である65人の患者が、6週間、3杯のハイビスカスティーかプラシーボドリンクを飲みました。 ハイビスカスティーを飲むことは収縮期血圧を平均して7ポイント下げました。
典型的な服用量:2杯から3杯のハイビスカスティーを毎日飲むか、ハイビスカスサプリメントを1日2回、食間に摂ります。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、自然のACE抑制剤のように作用する納豆から得られる酵素です。
「The Journal Hypertension Research」に発表された血圧がボーダーライン上にある73人を対象にした最近の研究で、韓国の研究者はナットウキナーゼが、摂りはじめてから8週間後に収縮期血圧を平均5.55mmHg下げ、拡張期血圧を2.84mmHg下げたことを示しました。
典型的な服用量:1日あたり100mg。
ただし、虚血性脳梗塞を起こした人や消化性潰瘍の人、または血栓症の人はナットウキナーゼを避けてください。

サプリメントの標準化とは?

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認して下さい。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.