痔の対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

痔の対策とサプリメント

痔の対策

痔は直腸と肛門の下部にできる肥大した静脈です。
内痔核はさらに深いところにでき、どのような痛みもありませんが、排便で出血することがあります。
外痔核は皮膚のすぐ下にでき、痛み、排便時にむずむずする感じと出血があります。
痔は妊娠による過度の圧力、肝臓の問題、遺伝的な静脈壁の弱さにより、起こることがあります。
しかし、ほとんどの場合、近代的な生活と食事が原因となる症状です。

痔の対策の食事ポイント

痔を治すのを助けるために、適量の水分と食物繊維は排便をソフトに保つために重要です。
不溶性食物繊維と可溶性食物繊維の両方から、1日あたり25gの食物繊維を摂ることを目標としてください。
リンゴ、豆、亜麻仁、オート麦、オレンジ、西洋ナシに含まれる水溶性食物繊維は、水を吸収して便を柔らかくするジェルのような物質を形成し、脂肪酸と結合します。
食事にもっと多くの不溶性食物繊維を加えることは、便にかさを加え、排便を楽にします。
不溶性食物繊維が豊富な食物は、アブラナ科の野菜、プルーン、レーズン、全粒穀物、特にふすま、玄米と全粒パンなどです。

痔の対策の生活習慣ポイント

ストレスは痔においても役割を果たし、腸の血流を悪化させて、骨盤の筋肉を締めます。
これはどちらも排便に悪影響を及ぼします。
排便後にトイレットペーパーにウィッチヘーゼルを含ませて拭くことは、局部を清潔に保ちます。
そしてウイッチヘーゼルは静脈を引き締めます。
毎日の入浴は、痛みがない場合は暖かくし、痛みがある場合はすこし冷たくしてください。
あまり熱すぎず、冷たすぎないように注意してください。

痔に効果があるサプリメント

ジオスミンとヘスペリジン

ジオスミンとヘスペリジンは静脈と毛細血管を強化するシトラスバイオフラボノイドです。
公開研究で、妊娠中で重い症状の痔である50人の女性が、出産の8週間前と出産の4週間後にジオスミンとヘスペリジンの組み合わせを摂りました。
患者の70%は症状が治まり、患者の半分は再発しませんでした。
この治療は、副作用がなく、母親と胎児の両方に安全でした。
典型的な服用量:400mgから800mgのジオスミンと50mgから100mgのヘスペリジンです。

ルチン

プラシーボ二重盲目試験で、97人の妊娠中の患者の治療に500mgのルチンを日に2回摂りました。
以前から、このバイオフラボノイドは安全で、効果的に妊娠中の母親にも、新しく生まれる子どもにも安全性に関する懸念なしで、出血、かゆみ、炎症を軽減することが知られていました。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.