花粉症対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

花粉症対策とサプリメント

花粉症対策

季節性アレルギーとして知られている花粉症は、シーズンの間、非常に惨めな思いをします。
住んでいる場所にも依存し、くしゃみ、かゆみ、涙目、充血などの症状があらわれ、3月から11月まで続く場合があります。
問題は、市販・処方の抗ヒスタミン剤と充血除去剤は、せいぜい、一時的な効果しかないということです。
真の解決のために、体自身の治癒能力を発揮することが重要です。

花粉症対策の食事ポイント

食べるものはアレルギー症状を軽減するのを助けます。
リンゴ、ブロッコリ、柑橘系の果物、ぶどう、赤タマネギ、トマト、緑の葉物の野菜のような多彩な果物と野菜を食べてください。
これらの食物は、ヒスタミンの分泌をブロックし、アレルギーと戦うケルセチンが満ちています。
一方で、食物アレルギーが、副鼻腔うっ血を悪化させる場合があります。

花粉症対策の生活習慣ポイント

できるかぎりアレルゲンとの接触を避けてください。
花粉が大量に飛んでいる日は、窓を閉めて、掃除機をかけることと、ホコリを払うことにより、屋内のアレルゲンを最小限にしてください。
人口香料が含まれている家庭用洗剤と芳香剤を避けることも重要です。
これらの空気中にただよう化学物質は、体の中に入り込んで、アレルギー反応の原因になる場合があります。
よりクリアな部屋の空気のために、空気清浄機のフィルターを月に1回は交換してください。
寝室に高機能な空気清浄機を設置することも考えてみてください。
食べ物が花粉症をよりひどくすることがあります。
よくある原因となる食物は、乳製品とグルテンを含んでいる食品です。

花粉症に効果があるサプリメント

アリウムセパ

アリウムセパは、赤タマネギから得られるホメオパシー薬です。
花粉症のために、最も使用されるものの1つです。
適応症は、涙目、鼻水、くしゃみです。
素早く吸収し、血流に入るために、舌下錠のアリウムセパ製品を求めてください。
典型的な服用量:ラベルの指示に従ってください。

ブロメライン

ブロメラインは、パイナップルから得られる酵素です。
抗炎症効果があり、花粉症にともなう腫れを軽減します。
典型的な服用量:1日あたり1000mg。

バターバー

バターバーは、ペタジンといわれる物質を含んでいます。
いくつかの二重盲目試験で、副作用がなく、店頭販売の抗ヒスタミン剤と同じくらい効果があったことが示されました。
典型的な服用量:50mgから75mgに標準化したサプリメントを1日2回。

ネトル

ネトルは、「The Journal Phytotherapy Research」における研究で確認された、花粉とカビへの体の抵抗を強化する抗アレルギー性物質を含んでいます。
ネトルは、くしゃみと涙目などの症状を早く、効果的に軽減する抗ヒスタミン効果があります。
典型的な服用量:870mgをくしゃみが始まったらすぐに。

ビタミンC

ビタミンCは、免疫システムを強化し、アレルギー反応を起こすフリーラジカルから保護する強力な抗酸化物質です。
典型的な服用量:1日あたり2000mgから3000mg。

サプリメントの標準化とは?

ハーブは育つ場所や季節などの要因によって、含まれている有効成分量が変動します。
そのため、一定の効果を発揮するために「標準化」されているハーブサプリメントを選ぶことが大切です。
「標準化」とは必ず一定量の有効成分を含んでいることを保証されたものです。
製品ラベルに「standardized」と記載されていることを確認して下さい。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.