食物アレルギー対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

食物アレルギー対策とサプリメント

食物アレルギー対策

食物アレルギーとアナフィラキシーネットワーク(FAAN)は、1200万人のアメリカ人が1つかそれ以上のアレルギーがあると推定します。
これらの人々にとって、食物アレルギーは、日常生活において適度ないらだちを感じます。
まれに衰弱し、死に至ることもあります。
食物アレルギーであるとき、免疫システムは間違って、特定の食物タンパク質を攻撃します。

一般に、不快感を与える食物を初めて食べるとき、免疫システムは、免疫グロブリンE(IgE)といわれる免疫抗体の軍を作ります。
そして、次にその食物を食べたとき、これらのIgE抗体は、異物の侵略者だと考え、排除するためにヒスタミンを分泌します。
軽いアレルギー反応は、発疹、皮膚炎、便の変化などです。
さらに重大なアレルギー反応は、嘔吐、下痢、じんましん、絶え間ない鼻水、顔の腫れ、くしゃみなどです。
アナフィラキシーといわれる最も重度のアレルギー反応は、致命的になる場合があります。
最も一般的な食物アレルゲンは、牛乳、卵、小麦、大豆、ピーナッツ、木の実などです。

食物アレルギー対策の食事ポイント

若いときに問題が発生していなかったという理由で、特定の食品にアレルギーにならないわけではなく、食物アレルギーはどの年齢でも発症する場合があります。
アレルゲンを避けることは、絶え間ない警戒を必要とし、それは製品の成分ラベルを読むことを意味します。
食物過敏症や不耐性のようなものではない本物の食物アレルギーは、厳密に365日、24時間の回避が必要です。
偶然、アレルゲンとなるものを食べてしまった場合に備えて、前もって計画を立てておくことは、大切です。
医師から処方された場合は、使用説明書とともにエピネフリン注射を、いつでも携帯してください。
隠れたアレルゲンと事情を知らないレストランのキッチンスタッフがトリガーになるため、外食は特に危険です。
レストランのマネージャーに食物アレルギーについて話をすることと、キッチンスタッフに食べられない食物を記したリストを渡すことで、被害を最小限にできます。

食物アレルギー対策の生活習慣ポイント

食物アレルギーだと思う場合は、医師の診察と検査をすることが重要です。
具体的な食物の反応について食物日記を記し、通院時に持ってくることも重要です。
従来の食物アレルギーの最も一般的な検査は、プリックテストかスクラッチテストです。
疑わしい食物を薄めた抽出液を肌に塗って、その部位を針で傷つけます。
その部位が赤くなるか、炎症をおこす場合は、テストしている食物に対し、特異的なIgE抗体があることがわかる良い方法です。
経過観察として、アレルギー専門医は反応がなくなったかどうかを確認するために、疑わしい食品を除去した除外食を勧めるかもしれません。
その食物にアレルギーがある場合は、徐々にアレルギー反応があらわれます。
これらの試験は、いくつかの明白なアレルギーの問題を明らかにすることができますが、より微妙なアレルギーを検出するためには、あまり信頼性がありません。

食物アレルギーに効果があるサプリメント

消化酵素サプリメント

消化酵素は、複雑な消化作業の触媒として機能するタンパク質です。
本物の食物アレルギーである人が使用することを意図していませんが、消化酵素は食物不耐性である人の偶然の事故に対応できます。
乳糖やグルテンの不耐性のための特定の酵素サプリメントがありますが、広い範囲をカバーするサプリメントを摂ることは、より完全に食べ物を処理するのに役立ちます。
さらに酵素は小腸での刺激が少なく、腸管壁浸漏や食物過敏症を軽減します。
広範囲な酵素を含んでおり、製品ラベルに記載されている活性単位の高い酵素サプリメントを求めてください。
典型的な服用量:各食事とともに、1カプセルから2カプセルを摂ってください。

プロバイオティクス

「The Journal of Nutrition」における研究によれば、プロバイオティクスは食物アレルギーのリスクを軽減し、腸の健康を増進します。
プロバイオティクスは腸壁を強化する効果があり、腸管壁浸漏を防ぎます。
典型的な服用量:できるだけ多くの菌株を含んだプロバイオティクスを1日に少なくとも10億コロニー形成単位。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.