線維筋痛症対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

線維筋痛症対策とサプリメント

線維筋痛症対策

線維筋痛症は、35歳から55歳の人の2%に影響する謎が多い症状です。
線維筋痛症は、男性よりも7倍から10倍多く女性に起こります。
何が痛みと疲労を引き起こすのか不明な一方で、線維筋痛症は、ぼんやりすること、睡眠障害、強い痛みの生理痛、過敏性腸症も引き起こします。

線維筋痛症の原因は1つではありません。
線維筋痛症の人は、視床下部を抑圧する「ショート」を起こすと考えられます。
視床下部は、睡眠、ホルモンの機能、体温、血圧と血流のような機能をコントロールします。
この脳の小さな部位は、他の器官よりも多くのエネルギーを必要とし、エネルギーが不足すると、最初にオフラインになります。
そして、圧倒的なストレスがかかったときは、その保護機能が低下します。
結果として、筋肉はエネルギーのショートと痛みを生じることになります。

線維筋痛症対策の食事ポイント

果物、野菜、脂肪が少ないタンパク質、全粒穀物が豊富な食事を食べることは重要です。
過敏性腸症に悩む場合は、特定の食物がどのように感じたか、日記をつけてください。
一度、トリガーになる食物を特定できたら、その食物を避けてください。
特に砂糖と健康的ではない脂肪を多く含んだ加工食品などの炎症を促進する食物を避けることは大切です。
線維筋痛である人は、日を通じて頻繁に少量を食べることは、エネルギー維持を助けることが示されています。

線維筋痛症対策の生活習慣ポイント

線維筋痛症の場合、すべてにフィットした治療がありません。
質の良い睡眠、痛みを軽減すること、筋肉の柔軟性を保つこと、代謝を良くすること、ストレスを軽減すること、などに焦点を合わせて、カスタマイズされた戦略の組み合わせが最もよく機能するように思われます。
定期的な軽めの運動は、線維筋痛である人たちが柔軟性を増やし、痛みを軽減し、ストレスを管理するために不可欠です。
ほとんどの患者は、負荷がかかる運動を始めることができないか、維持できないので、ヨガや太極拳のような穏やかな運動に集中するのがベストです。
関節にストレスがかからないので、水泳もいい考えです。
多くの線維筋痛患者は、痛みを軽減するはり療法で効果が現れています。

線維筋痛症に効果があるサプリメント

アセチル-L-カルニチン

アセチル-L-カルニチンは、エネルギーを作り出しているアミノ酸で、線維筋痛症の症状を軽減します。
「Clinical and Experimental Rheumatology」における研究は、アセチル-L-カルニチンは、骨格筋の痛みを軽減し、痛みを感じる部位の数を減らします。
さらにアセチル-L-カルニチンは、うつ病も軽減します。
典型的な服用量:1日あたり1500mg。

コエンザイムQ10

線維筋痛の人は、よくコエンザイムQ10のレベルが低いこと多く、サプリメントが助けになるかもしれません。
最近の臨床試験で、300mgのコエンザイムQ10を摂った線維筋痛症患者は、9ヶ月後に症状のかなりの軽減をレポートしました。
典型的な服用量:1日あたり100mgから300mg、吸収を良くするために少量の脂肪と一緒に摂ってください。

L-テアニン

L-テアニンは、睡眠を促進し、精神的ストレスと身体的ストレスを軽減し、認知力と気分を改善し、免疫機能に刺激を与える緑茶に含まれるアミノ酸です。
典型的な服用量:200mgを就寝前に。

リボース

リボースは、すべての生細胞に含まれる天然の糖質で、エネルギー生産のための重要な基礎になります。
リボースサプリメントを摂ることは、筋肉の痛み、こわばり、運動による疲労を軽減します。
研究で、線維筋痛症患者がリボースサプリメントを平均28日摂りました。
わずか12日間で、リボースを摂っている人たちの66%がエネルギー、睡眠、精神の明快さ、強い痛みが改善し、平均して44%の人がエネルギーが増加し、30%の人が全体的な健康状態が良くなったことを報告しました。
典型的な服用量:1日あたり、5gを最高3回、必要に応じて摂ります。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.