眼の健康対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

眼の健康対策とサプリメント

眼の健康対策

加齢に関連する最も大きな健康上の心配は、視力を失うことです。
この心配は非常に現実味を帯びており、あまりにもリアルです。
視力障害とリハビリテーションの研究を専門に行なっている非営利組織である「Lighthouse International」の研究によれば、45歳以上の6人に1人はなんらかの視力障害を抱えています。
これは白内障、緑内障、加齢性黄斑変性(ARMD)を含み、55歳以上の人たちの失明の原因になります。
幸いなことに、何歳になっても視力を守る多くの自然な方法があります。

眼の健康対策における食事のポイント

視力を改善できる食物がニンジンだけだと思う場合は、もう一度考えてみてください。
視力を強化できる数多くの食物があります。
実際、最近の研究は食物から吸収された栄養の4分の1以上が私たちの視界を養うことに費やされることを報告しています。
例えば果物、野菜、全粒穀物に含まれる抗酸化物質、特にビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セレンはフリーラジカルによるダメージから眼を守ります。
濃い緑の葉野菜に含まれるルテイン、黄色い果物と野菜に含まれるゼアキサンチンは黄斑変性症から守り、症状のいくつかを逆転さえします。
海中にも眼を保護する食物があります。
冷水魚に含まれるオメガ3脂肪酸、特にDHAは眼の細胞膜の構造を維持することにより、加齢性黄斑変性から眼を保護します。
もちろん、眼を守ることができるのは食事だけではありませんが、食品は非常に大きく影響します。
老後になっても鮮明な視力を維持するために、揚物と部分的に水素化した脂肪を避けることは、夜間視力、明るい光に順応する眼の能力、涙の生産を改善します。 さらに甘いものも控えてください。
砂糖はレンズをクリアに保つ能力を損なうことが示されています。

眼の健康対策における生活習慣のポイント

日光による網膜のダメージを防ぐために、紫外線をブロックできるサングラスをかけて、合わせて、つばのひろい帽子かサンバイザーをかぶります。
タバコの煙を避けることも重要です。
女性の喫煙は黄斑変性症のリスクを2.4倍に増やします。
さらに喫煙はビタミンA のような眼に必要な抗酸化物質を使い果たします。
毎日、少なくとも30分の運動をすることは眼を含めた多くの毛細血管の血行を改善します。
自身の眼の状況を正確に知るために、眼科医に少なくとも2年ごとに通院してください。
もし50歳以上なら、毎年通院してください。

眼の健康に効果があるサプリメント

ビルベリー

眼の健康を維持することにおいては、ビルベリーが豊富な歴史を持っています。
実際、言い伝えではイギリス空軍のパイロットは第二次世界大戦中の夜間任務で、夜間視力を強化するためにビルベリージャムを食べていたとされています。
現在の研究では、ビルベリーは確かな視力のために必要な物質であるレチノールパープルの生産を加速することが示されています。
また、ビルベリーは毛細血管漏出を防ぎ、眼圧を低下させます。
ビルベリーは目の血行を改善し、周辺視力を改善し、眼を修復する血管も保護します。
典型的な服用量:25%のアントシアニンに標準化した抽出エキスの120mgから240mgを1日2回摂ります。

ルテインとゼアキサンチン

ルテインとゼアキサンチンは天然に一緒に存在する抗酸化物質で、眼に多く集中して存在しています。
この眼にやさしい組み合わせは、「サングラスの栄養版」のようにダメージを与える紫外線をフィルタし、フリーラジカルと炎症から眼を保護します。
ルテインとゼアキサンチンは細胞膜を安定させて、眼の健康な構造を維持します。
タフツ大学と「USDA Human Nutrition Research Center」は、ルテインとゼアキサンチンを摂ることは加齢性黄斑変性を発展させるリスクを40%軽減することができることを示しました。
また、この組み合わせは白内障も防ぎます。
どちらの栄養素も脂溶性なので、脂肪を含む食事を一緒に摂るようにしてください。
典型的な服用量:1日あたり、少なくとも6mgのルテインと5mgのゼアキサンチン。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.