下痢対策とサプリメント

症状別サプリメント活用法

よくある50の症状を予防・軽減するための食事・生活習慣およびサプリメントの活用法

下痢対策とサプリメント

下痢対策

下痢は、最もよくある不快な消化不良の1つで、誰でもときどき経験するものです。
ウイルス、バクテリア、寄生虫、食物アレルギー、あるいは人工甘味料が原因でおこり、下痢のほとんどのケースは1日か2日で治ります。
下痢が数週間続く場合は、過敏性腸症候群や腸の炎症などのもっと深刻な病状のサインかもしれません。
下痢を繰り返したり、血便に気づいたら、医師の診断を受けてください。
幸いにも、下痢のほとんどのケースは長続きせず、自力で解消します。
しかし、症状に伴う脱水症状を防ぎ、苦しみの持続時間を短くするためにできることがあります。

下痢対策の食事ポイント

下痢の症状から回復中であるときは、刺激のない食物を選択するのがベストです。
水や刺激のないスポーツドリンクを飲むことにより、下痢の間に失われた水分、塩分、電解質を補ってください。
そして徐々に、アップルソース、バナナ、米、ヨーグルトのような低食物繊維で柔らかい食物を加えてください。
スパイスが効いた食物や高脂肪な食物を避け、下痢が止んで数日間は乳製品も避けてください。
ゆっくりと腸機能の正常化を助けるために、食事に少しづつ繊維が豊富な食品を追加します。

下痢対策の生活習慣ポイント

下痢が激しいか、特に有害な病原体により起こされた場合は、医師は抗生物質や下痢止めを処方するかもしれません。
しかし、下痢のほとんどのケースは自力で解決するので、自己治療で十分かもしれません。
将来の下痢を避けるために、調理後、生肉の処理後、トイレの後、オムツを変えた後、くしゃみしたとき、せきが出たとき、鼻をかんだ後に手を洗ってください。
食物の細菌混入を避けるために、食品をすぐに食べるか、冷蔵庫に入れてください。
食物を室温に放置しておくことは、バクテリアの成長を促進します。
病原体が広がるのを防ぐために、カウンターやまな板のようなキッチンの表面を衛生的にすることも重要です。

下痢に効果があるサプリメント

活性炭サプリメント

活性炭は、単にガスで熱を加えた木炭です。
これは、木炭を多孔質にし、毒素をそこに閉じ込めることができます。
木炭が詰まったカプセルを飲むことは、少し奇妙な気がしますが、研究は活性炭が下痢に有効であることを示します。
100人の下痢である成人を対象にした無作為抽出した二重盲目試験で、活性炭を摂った人たちは、排便回数が減ったことがわかりました。
活性炭サプリメントは、下痢の持続時間も短くします。
典型的な服用量:1日あたり250mgを最高3回、下痢が治まるまで摂ります。

プロバイオティクス

「The Journal of Nutrition」のレビューによると、プロバイオティクスは予防だけでなく、下痢に対する治療効果を持つ有益な細菌です。
研究で、100人の患者が172億コロニー形成単位のビフィズス菌が含まれたプロバイオティクス、または18億コロニー形成単位のビフィズス菌が含まれたプロバイオティクス、またはプラシーボを与えられました。
プロバイオティクスの高用量と低用量を摂っている人たちは、下痢を含めた胃腸の問題を軽減しました。
もう1つのプロバイオティクスのタイプであるラクトバチルス・ラムノサスも下痢の予防に効果があることを研究が示しました。
典型的な服用量:使用する時点で、生きているプロバイオティクスの少なくとも10億コロニー形成単位。

食物繊維サプリメント

水溶性食物繊維は軽度から中等度の下痢を軽減し、腸の機能を正常化します。
オートミールのような食事とサイリウムサプリメント、水溶性食物繊維は、消化管の水分を吸収し、便を固めてゆっくり排出します。
典型的な服用量:1日あたり7gから18gを2回から3回に分割して摂ります。


Copyright © 症状別サプリメント活用法 All Rights Reserved.